実際に警備員が駆け付けてくれるホームセキュリティ最大手はSECOMとALSOK

さまざまな事情でホームセキュリティの契約を検討されているなら、対象となるお宅の警備方法と警備料金を算出するため、警備会社に見積もりを取ります。

実際に警備員が駆け付けてくれるホームセキュリティは、テレビCMでも頻繁に見かけます。

しかし直に一社に電話をし、その会社だけにお見積もりを任せてしまっては損をします。
テレビCMでも頻繁に見かける最大手はSECOMとALSOKですが、ここで1社だけに絞ってホームセキュリティの見積を任せる事だけは止めておきましょう。

警備保障会社同士はシェアの奪い合いで競争意識も強いため、相お見積をする事で必ず警備料金も安くなります。

セコムが一番いいと思っていても、思いがけずalsokの方が良かったりする時もあります。

競合させて複数社に見積もりさせると、価格が安くなるだけでなく、自分の状況にあう提案が見つかります。

オプションをつけまくって値段を吊り上げようとしたり、安いけどもセンサーが少なすぎたりなんて事も見極めることができます。各社とも訪問から見積もり提出までは、全て無料で行ってくれますので、各社とも複数提案して貰うとより良いと思います。ホームセキュリティの導入にあたり、どこの警備会社にしようか迷うなら、セキュリティ業者の対応できる規模や警備機器のラインナップなどは知っておくほうが良いでしょう。警備会社の資料を請求すると、ある程度の警備料金なども載っているのでわかりやく比較できます。駆け付けるガードマンを日本全国に配置できているのは、セコムとアルソックの最大手二社だけになります。

個人的には、この2社での競合が一番だと思いますが、念のため各社の資料も確認してみることをお奨めします。

上記のズバット自宅の警備では、「アルソック「secom」」のほか、「関電SOS」「TOKYU SECURITY]「全日警」も一括で資料請求できます。各社の警備料金やプランなどが確認できた段階で二社から三社に見積もり依頼をします。2社か3社程度の相見積もりをする事で、必ず警備料金や工事費などが安くなります。
競合させないと値引きの幅を小さくして、定価に近い値段で契約することも多いようです。

営業マンが訪問してホームセキュリティの見積をしても料金はかかりません。それも、価格や警備プランに納得し契約をして、警備センサー機器の設置工事がオワリ警備開始してからでないと料金の請求もありません。

綿密な警備プランを見積しても、そこで費用がかかることはありません。
ホームセキュリティの契約は5年間にのぼります。

ということなので、遠慮なくお見積について交渉するほうが良いのです。
ホームセキュリティには、機器のお買い上げプランもあります。ホームセキュリティのお買い上げプランなら全てあなたのもち物になります。

住まいの警備の機器を買い上げている所以ですから、解約金も発生しません。
少し話がそれましたが、見積もりまでは無料なのでじっくり検討しましょう。

実際にガードマンが駆け付けるホームセキュリティの見積をして貰う場合、警備会社の会社概要やパンフレットなどの資料請求をおこないましょう。

無知な状態で営業マンを訪問させてしまうと、相手のペースで話が進みます。資料請求にはお金もかかりませんし、ネットで簡単に行えます。
警備料金の標準価格や、その警備保障会社の規模などがわかり参考になるはずです。すぐ営業マンを呼ぶより、予習しておくことで相手のペースになりにくくなります。

駆け付ける警備員の服装やセキュリティー機器の種類など、資料請求で知識を得ておけば、警備会社の営業マンのペースになることはないでしょう。

ホームセキュリティの資料請求で損をすることなんてありません。

警備センサーの特長や、その会社の対応力、警備料金などが理解できてお見積を依頼する会社を絞ることもできます。参考にしたサイト⇒セコムとアルソックのホームセキュリティを比較した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です