花言葉に「純粋な愛」を持つ胡蝶蘭はお祝いごとやお悔やみに適してるって話

胡蝶蘭を贈るのは、おめでたい祝いごとだけでなく、お供えとして用いるケースもあるんです。

花言葉に「純粋な愛」を持つ胡蝶蘭は、哀しみに暮れる気持ちを優しく癒すと言われていて、お葬式などで贈られることにも適しているそうです。世にコチョウ欄が広まっていくきっかけは、19世紀に貴族や裕福層の間で起こったヨーロッパの欄ブームで、その神秘的な美しさが、様々な品種を探すきっかけになり、コチョウ欄の原種を発見する事になったわけです。知人がお店を開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが、個人での相場は3万円程度といったとこでしょう。

昨今、通販ショップを利用する人も多く、様々なシーンに対応したコチョウ欄通販ショップが人気です。

もともと、海外から来たフラワーですが、国内に持ち込まれたのは、明治の頃の話です。まるで蝶々の様な美しいフラワービラを持つところから、付けられた名前がコチョウ欄だと言いますが、美しさだけでなくフラワー言葉(純粋な愛)も人気の要因なのです。胡蝶蘭の育て方ですが、他の花と比べても簡単なほうです。
水やりは頻繁にやらなくても良いし、鉢への植え替えの仕方も非常に楽ちんです。

ただ、厳しい寒さには強くないので、冬場は屋内で15℃~20℃位の場所に置いてあげないとダメです。あと、空調の吹き出し口なども良くないので、暖かくて落ち着くところが良いですね。

お花を通販で注文するなら、やっぱり、栽培農家から直で発送してくる、産直を採用している販売店が一番です。なぜ、産直をお勧めするのかというと、生産者から卸市場といった流通ルートを短縮できるので、商品であるお花の新鮮さが保たれることと、中間マージンが省かれ、価格が安くなることがその理由です。

胡蝶蘭のオンラインショップを利用する時も同じで、栽培農家からの直送がおすすめです。胡蝶蘭がフラワーギフトとして選ばれるのは理由があります。ひとつは、蝶が舞い降りたような美しさ、そして、素敵な花言葉や日持ちの良さが挙げられます。普通の花束は、1週間も咲き続けることなく枯れるのが早いですし、これらのことを踏まえると、1ヶ月から2か月も日持ちするコチョウ欄が人気なのです。

大切な人やビジネスシーンでおくるフラワーギフトは、やっぱり胡蝶蘭にする人が圧倒的に多いわけです。

育て方にもコツのあるコチョウ欄ですが、寒さが苦手なのは、知っておいた方が良いですね。

胡蝶蘭が育った故郷は熱帯地域なのですが、木漏れ日の当る日陰に育った花なので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。
適温は15℃から20℃前後くらいで、置くとことは通気性も考えてあげましょう。水やりは頻繁にする必要はなく、胡蝶蘭の鉢の表面が乾いてきたら与えるようにするくらいです。
気になる胡蝶蘭の価格ですが、 おくる相手の場面や、関係性によって変わってきます。
恋人や夫婦のギフトであれば3千円程度のミディ胡蝶蘭で十分だし、会社関係であればミディやミニでなく大倫などの立派なコチョウ欄が必要です。どっちにしても、胡蝶蘭の値段が花屋より安いのがネット販売で、場合によっては半額になることもあります。
通販では卸市場を経由しない流通構造を採用している場合が多く、栽培農家からの産地直送がおおいためです。花を贈られて嬉しくない人はそういませんが、贈る人のシーンに合った花言葉を持つ花をおくることで、おくられた側も、花ギフトに込められた想いを感じることが出来ます。
たとえば、胡蝶蘭はお祝い事でよく利用されますが、全ての品種に共通する花言葉、「純真」「幸せを運んでくる」の他、白や青、赤やピンク色といった色彩ごとに個別にフラワー言葉があります。コチョウ欄を例に出しましたが、相手側のシチュエーションに合った意味を持たせることで、単に花を贈るというだけでなく、より強い想いが伝わるはずです。

頂いた胡蝶蘭が枯れてしまったら、捨て方も分別が必要になり割と大変です。このような場合、役に立つのが胡蝶蘭の回収サービスです。
不要になる理由は様々で、取引先から貰った花を一定期間置いて処分するケースや、枯れてしまう等、様々なケースに対応出来るのも嬉しいところです。
業者を使わない場合ですが、ゴミとして出すしかないわけですが、面倒でも、お住まいの地域の決まり通り分別しなければなりません。病院に入院している知人の見舞いとして、 気持ちを癒すため、お花を贈るのは良いのですが、鉢植えの花は「根を張る」という意味合いでNGです。お見舞いに胡蝶蘭をおくりたいなら、鉢植えでなく、ブーケなどにアレンジして、鉢植えの状態でおくらないようにしないといけません。

そこさえ気を付ければ、香りや花粉があまりない胡蝶蘭であれば、味気ない病室に癒しをもたらしてくれるものです。色んな種類があるコチョウ欄ですが、 分ける基準の一つに、咲かせる花の大きさ別の違いあります。

開業祝いや結婚式で一番目にするのが、大倫胡蝶蘭と呼ばれる種類で、最も花が大きい種類です。そして、親しい人へのプレゼントや母の日のギフトなど、花のサイズが小さく、価格もお手頃なミディという種類があります。使い分けですが、相手先の場面や関係性で相応しいものが決まります。
ビジネスシーンの周年記念日にも、祝花に胡蝶蘭が選ばれますが、贈り方の慣習などについては、知っておいたほうが良いでしょう。

取り合えず、赤一色のラッピングは「火」から家事を連想させるため、好ましくありません。後は、立て札を付けるのを忘れないようにしましょう。

多くの花が贈られるので、何処から贈られたのか分かりやすいようにしておきます。こちらもおすすめ⇒胡蝶蘭が安い通販てば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です