ホームセキュリティーの資料請求で損をすることなんておまへんで!

ご自宅へのホームセキュリティー導入に際し見積もりをとる場合、最初は複数警備会社の資料請求から行いましょう。無知な状態で営業マンを訪問させてしまうと、相手のペースで話が進みます。

携帯やスマホからでも簡単に資料請求できますし、無料です。

遅くても1週間以内には届くので、警備員の質や企業レベルなどがよくわかります。何も知らないで説明を聴くより、予習しておくことでセールスマンもあなたに一目置くようになるんです。住居の大きさによるプランや価格帯、防犯センサーのラインナップなど、警備会社のパンフレッドや資料を見ておけば、相手のペースで勝手に進められることはありません。

ホームセキュリティーの資料請求で損をすることなんてありません。監視センターの規模や対応力、警備員の数などを見積依頼の前に予習できるメリットは計りしれません。ご自宅の警備の導入にあたり、どこの警備会社にしようか迷うなら、やはり各セキュリティー業者のホームセキュリティの機器の特長やプランぐらいは確認したほうが良いでしょう。まず資料請求で、おおよその費用と、その警備会社の特長を比較することが出来ます。日本全国にガードマンの待機拠点を持っているのは、セコムとアルソックだけです。ホームセキュリティーのシェアもこの2社が群を抜いている状態で、2社競合が御勧めですが、念には念を入れて、その他の警備会社の資料も確認してみましょう。上記のズバットホームセキュリティーでは、「アルソック「SECOM」」のほか、「関電SOS」「TOKYU SECURITY]「全日警」も一括で資料請求できます。

各セキュリティー業者の資料を基に、2社から3社程度に見積もりを依頼するようにします。

2社か3社程度の相見積もりをすることで、必ず警備料金や工事費などが安くなります。

ホームセキュリティはシェアの奪い合いでもあるので、競合させると必ず大幅値引きが期待できます。
ホームセキュリティの見積提出はすべて無料です。それも、料金や警備プランに納得し契約をして、機器の設置工事が終了してからでないと、お金を請求されることはありません。契約を交わすまでは、何回見積もりを出しなおしたとしても無料なのです。

契約したご自宅の警備は、契約期間と言うものがあります。

なので、納得いくまで話し合いをして少しでも有利に契約することが大切ですね。機器の買取プランも、ホームセキュリティには存在します。お買い上げプランをチョイスされた場合、機械はすべてあなたのものです。

お買取りプランで契約すれば、途中解約での解約金の心配はありません。少々本題からズレましたが、御見積もりは費用がかからないので徹底的に交渉しましょう。

いろんな事情でホームセキュリティの導入をお考えなら初めはご自宅の警備をあつかう会社に見積もりをとらなければなりません。

SECOMやALSOKのCMはよく流れてますね。

ここで大切になってくるのは、イメージだけで1社に御見積もりを任せてしまわないことです。

確かにセコムやALSOKは、警備業界のダントツのツートップですが、指すがに1社だけに絞って御見積もりを依頼するのは、ホームセキュリティの場合止めておきましょう。
どうしてかというと、SECOMとアルソックは特に競争意識が高いですが、他社も含め相見積もりで競合させると、価格は必ず安くなります。

アルソックが対応も価格も良さそうだと思っていても、競合させることで大幅に値引きを引き出すことが可能です。

競合させて複数社に御見積もりさせると、価格が安くなるだけでなく、自分の状況にあう提案が見つかります。各社の警備仕様の提案力も比較できますし、絶対に相見積もりは必要です。セコムやアルソックを含む各社とも、警備診断から見積提出まではすべて無料なので、予算ごとに各社共、数パターンの見積もりをして貰うのも良いでしょう。よく読まれてるサイト:ホームセキュリティ「セコムとアルソックの比較」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です